【チャットボット】7つの顧客サービスと顧客エクスペリエンス

 

毎年、顧客サービスと顧客エクスペリエンス(CX)がこれまで以上に重要であることを示す新しいデータが出てきます。

全国72%の企業が顧客の経験を改善することが最優先事項だと言います。

顧客サービスの遅れになるような余裕がない企業はありません。外部や顧問などの支援者が滞在し、競争力を保ち、関連性を保つために何をすることができるでしょうか?

顧客サービスとCXの世界の動向に細心の注意を払ってください。企業が無視してはならない 7つの傾向があります。そこにはあらゆるタイプのビジネスに影響を与えるものがあります。

 

 

1.パーソナライゼーションはより良い顧客体験を作り出します。

テクノロジーは、これまで以上に顧客の好みや歴史を追跡することを容易にしました。

大きなデータは、私たちに洞察力のある正確さで動向と洞察を与えます。お客様の個人的ニーズに応えるより、パーソナライズされた体験を作成しない理由はありません。

 

2. AIIAは、顧客を援助する人を支援します。

人工知能は、企業がより良いCXを作り出す方法の最前線に来ています。人間と対話する機械の能力はこれまで以上に強くなっています。

AIはより良いビジネス上の意思決定に役立ち、その多くは顧客にプラスの影響を与えます。AIは必ずしも人間の機能を引き継ぐわけではありませんが、いくつかの場所では可能ですが、カスタマーサポート担当者、IAまたはインテリジェントアシスタントになることを支援します。

 

3.チャットボットが改善されています。

これはAIと関連しています。会社のカスタマーサポートセンターとのオンラインテキスト会話は、生きている人ではなくコンピュータ(ロボット)であるかもしれません。

マシンが顧客にとって肯定的な経験を生み出すことができれば、誰もが勝ちます。最高のチャットボットは、要求や質問に応答するだけでなく、顧客が混乱したときを認識し、ライブの顧客サポート担当者にシームレスに会話を引き渡すことができます。

 

 

4.積極的な顧客サービスが普及しています。

顧客が気づき、不平を言う前に、企業はより良くなり、問題を見つけて修正しています。

企業に問題を警告し、問題を軽減または排除するために積極的に対応できるソフトウェアプログラムがあります。優れた積極的なサービスプログラムは信頼と信頼を創造します。

 

5.電話は最小限に使用されます。

チャットボット、ソーシャルメディアの顧客ケア、セルフサービスなどの代替顧客サポートチャネルは、顧客がそれらをより効率的に使用する方法を学ぶにつれ人気が高まっています。

顧客が会社に接続する手段として電話が完全に消えることは疑いがないです。難しい問題のなかには、人間と人間とのやりとりが必要ですが、サポートの迅速な第一線として、代替チャネルが例外ではなく標準になりつつあります。

 

6.高速、高速、最速!お客様は応答を求めます。

多くの調査では、ソーシャルメディア、電子メールなどのサポートチャネルに関するお客様からのコメント、苦情、質問への対応時間が非常に悪化しています。

例えば少し前になりますが、2016年時には電子メールの応答時間は平均して7時間を超えています。良いニュースは、最近の調査では、応答時間がスピードアップしていることが示されているということです。ところで、その競争よりも速く反応する企業が目立って勝利するでしょう。

 

 

7.利便性が勝ちます。

これはあなたの究極の顧客サービスとCXの武器かもしれません。あなたはどのように簡単かつ便利にビジネスをしていますか?良いサービスはテーブルステークスです。

あなたの競合他社はあなたの顧客サービスを上回ることを試みています。だから、すべてのことが平等で、組織はどのようにしてその恩恵を払うことができますか?

それば利便性です。Amazonは今日のコンセプトのコンセプトのポスターの子供です。例えば、そのダッシュボタンは、洗剤、インクカートリッジなどの消耗品を注文するためのボタンを押すほど簡単です。

Amazonは新しいAmazon Goショッピングにも革命を起こしている食料品店。最先端のテクノロジーを搭載しているため、ラインとチェックアウトプロセスが不要になりました。ビジネスで勝つためには、競争よりも便利な方法を見つけてください。

 

 

これらの7つの顧客サービスと顧客体験の傾向はすべて顧客に関するものであるからです。競争力を維持し、顧客との関係を維持するための戦略を立てるときに考慮する必要がある傾向にあります。


LINEでのボットを体験

関連記事

LINE@配信時間意識していますか?業種別配信状況

EngagebotでLINEアカウントと既存DB連携が可能に!

【チャットボット×不動産開発事例】物件探しならLINEで簡単その場対応

【チャットボット】2018年ソーシャルメディアの6つの動向

【チャットボット】顧客体験戦略の一環として導入を検討する時が来た(先進国から学ぶトレンドと未来)

チャットボットがブランドマーケティングを向上させる5つの方法