マーケティング戦略に新たな旋風!チャットボットが注目される3つの動向!

 

海外メディア「Our Social Times」に掲載された記事を参考に、今回は、新しいマーケティングとして注目されるチャットボットにスポットを当てました。

チャットボットの導入を促進させる世の中の3つの動向についてご紹介します。

チャットボットの有効活用があなたのマーケティング戦略をひとつ上のステージに引き上げます!

出典 : Our Social Times:3 chatbot trends to inspire your marketing strategy

 

目次

《はじめに》
1. SNSへの移行
2. コンテンツマーケティングの進歩
3. 顧客の信頼の構築
《まとめ》

 

 

《はじめに》

チャットボットとは、通常の人間同士の会話を、人工知能を駆使したコンピューターが人間に変わって、あらかじめ決められた内容をベースに、自動会話出来るプログラムです。

企業はマーケティング予算を抑えながら、カスタマーサービスの向上を模索する中でのひとつのマーケティング施策としてチャットボットの活用が最近、急増しています。

チャットボットは主にFacebookメッセンジャーやWechatなどのプラットフォームを通して活用されていますが、チャットボットにはまだまだ無限の可能性を持っております。調査によると、今後7年でチャットボットの市場は全世界で実質的に10億ドルを越えると言われております。

お読み頂いているマーケティングご担当者様に向けて、マーケティング戦略に新たなひらめきを生み出す、チャットボットが注目される3つの動向をご紹介いたします。

 

1. SNSへの移行

多くのスタートアップ、小規模の企業ならびに、ブランドはチャットボットを活用し、オペレーションの効率化を実現しました。従来のやり方からFacebookメッセンジャーなどのチャットアプリに移行するこのような流れは、よりチャットボットの必要性が高まることを意味しています。

チャットボットは、企業側の質の高いカスタマーサービスを要らずに、企業や企業のブランドとたくさんのユーザーのコミュニケーションを可能にしました。

事実、チャットボットが人間のように、ユーザーと繋がることができます。

チャットボットに業務を任せることで、ユーザーと一日中、連絡を取り合うようなCSメンバーの工数の削減の効果があります。

トレーニングや経験を通して、チャットボットはより性能を増し、便利で質の高いメッセージを実現しました。多くの人々のようにメッセージングアプリを使う生活が普通になることで、チャットボットは効率かつ手頃な方法で、ユーザーとのエンゲージメントを高めるカギになる手段となります。

ワシントンポストのような主要メディアがトップニュースとして、チャットボットが世の中にどのような効果をもたらすかという記事を提供したことで、多くの人に知られるようになりました。

企業がチャットボットを活用することで、1日の業務の負担を減らします。

また、SNSがAPIを公開したことでチャットボットのカスタマイズを可能にし、そして、ほぼ全ての人気のメッセージングアプリで使用が可能になっています。

 

2. コンテンツマーケティングの進歩

チャットボットは、企業のコンテンツ戦略の向上のために、ブランドを推進しています。

今以上に、企業はブランドに紐づくリアルな質問に対して、発信し続けなければいけません。

チャットボット自体がユーザーとやりとりする上で、理解を深め、よりユーザーの声について、正確な答えを導いていきます。

その貴重な情報の蓄積が顧客のニーズに的確に対応させ、コンテンツを生む機会の創出につながります。

 

ボットのユーザーの洞察のおかげで、カスタマーサービスの向上を達成しながら、売上の向上をも可能にします。つまりは、チャットボットで顧客の潜在的ニーズを知ることができます。

実際に、チャットボットはコンテンツ戦略を合理化し、労力の要る調査などの時間の削減もつなげます。

要は、企業の担当者はチャットボットが答えられないユーザーからの質問に答えるだけなのです。

また、宣伝にもチャットボットを使用することもできます。

ディズニーはズートピアという映画宣伝にチャットボット施策を試み、キャンペーン中に、ユーザーは会社員ジュディー・ホップストいう名前のチャットボットと自動会話することでユーザーのエンゲージメントを高めました。

視覚的なコミュニケーションを促すために、チャットボットを活用することで、ブランドのコンテンツマーケティング戦略をより高いレベルに引き上げます。

ユーザーは情報をクリックひとつで簡単に取得でき、その施策で多くのウェブサイトへの流入へ導きました。

 

3. 顧客の信頼の構築

企業への着実な顧客の信頼の積み重ねが企業を成長させます。

顧客のロイヤリティを向上させる1つの方法は、全てのユーザーに対し、優れたカスタマイズされた情報を届けることです。

かつてのデジタルチャネルはパーソナライズされたユーザー体験を生み出すのは困難でした。

一方、チャットボットは名前で顧客情報を管理し、パーソナライズされた製品やコンテンツをユーザーに発信します。

何よりも、人間のようなコミュニケーションを可能にすることで、潜在的な顧客の創出を促し、Webページへの流入へとつなげます。

また、そのチャットボットの活用の結果、顧客のエンゲージメント向上に貢献します。

日常的な質問や問い合わせを自動化出来ることで、人員の工数削減にもつながります。

結果として、従業員は必要な業務のみに集中することが出来るのです。

チャットボットが顧客の信頼の構築を知りたいならば、Kik MessengerアプリのSephoraチャットボットを実際に操作してみてください。ユーザーの特性や好み、興味について質問されます。

また、チャットボットを通じて、無料相談も可能です。

《まとめ》

今回、「マーケティング戦略に新たな旋風!チャットボットが注目される世の中の3つの動向!」というテーマでご紹介しましたが、チャットボットという人工知能を使用することで、メッセージングアプリでユーザーと簡単に接点を持ち、効率的な顧客サービスの提供の実現。

さらに、チャットボットは、コンテンツマーケティング戦略を合理化し、パーソナライズされたユーザー体験を提供することで新規顧客の発掘につなげる重要なツールとして、注目されるようになり、今に至ります。

今後もボットを中心に、あらゆる情報を発信していきますが、お読み頂いている方が少しでもチャットボットを活用することで生み出されるサービスの可能性についてご興味頂き、実際に活用のご検討につながればと切に願っております。

 

 


LINEでのボットを体験

関連記事

【チャットボット×不動産開発事例】物件探しならLINEで簡単その場対応

【チャットボット】7つの顧客サービスと顧客エクスペリエンス

チャットボットがブランドマーケティングを向上させる5つの方法

【500円で見込みユーザーを囲う、Facebook×チャットボットプロモーションの秘密とは?】セスグモ社主催のセミナーに参加してきました。

チャットボットとMAツールの連携で実現する6つのメリット!

【2018年版】チャットボットのトレンドと未来