はじめに

WeChatとは中国で日本のLINE的な存在のメッセージアプリです。またWeChatは世界で11億人以上のユーザーがいます。この記事では中国のWechatで注目を集めているBOT運営会社を紹介します。

 

(1)Baidu

中国のWeb系IT企業の大手Baiduは医療チャットボットアプリをリリースしました。
このアプリを患者が利用することで医師が患者を診断するのに役立ちます。
またBaiduは最近大規模な投資ファンドを設立しました。このファンドでは保険会社や証券会社など多様な会社から資金調達をする事が可能です。

企業ページ: http://ir.baidu.com/phoenix.zhtml?c=188488&p=irol-irhome

 

(2)Mobvoi

モブボイは中国の人工知能関連の研究開発を行う企業です。
具体的には言語認識、音声検索システムなどの開発を行っています。
モブボイはGoogleやSLGチャイナを含む4企業から計87億円あまりの資本調達を行いました。

企業ページ: https://en.ticwear.com/pages/about-us

 

(3)RIKAI LABS

RIKAILABSはWeCHatやSlackやFacebookメッセンジャーなどのメッセンジャープラットフォームで利用可能なチャットボットの開発を行っています。RIKAILABSは中国のチャットボット市場においてとても力を持っている企業です。資本状況に関してはこれまで明らかにされてきませんでした。しかし最近、最新の調達が2016年の8月2日でこれまで2回資本調達を行っていること、そして現在はラウンド2のフェーズと言うことが明らかになりました。

企業ページ : http://www.rikai.co/

 

まとめ

上記のように中国ではボット企業が大きな資金調達に成功しており市場も盛り上がりをみせています。
日本でもボットのブレイクが2017年確実視される中で世界のボット事情にも今後注目していきます。


LINEでのボットを体験

関連記事

LINE@配信時間意識していますか?業種別配信状況

EngagebotでLINEアカウントと既存DB連携が可能に!

【LINEボット(Engagebot)導入事例】あやかし恋詩(れんが)女性向け恋愛乙女ゲームにハマりすぎる件。

【チャットボット×不動産開発事例】物件探しならLINEで簡単その場対応

【チャットボット】7つの顧客サービスと顧客エクスペリエンス

【チャットボット】2018年ソーシャルメディアの6つの動向